社会人MBA-技術者編

September 11, 2006

クリステンセンからリポートを学ぶ

イノベーションとは、何かを新しくすることである。この語源は、ラテン語の innovare を引くのが妥当である。要するに、「機会を新しいアイディアへと変換し、さらにそれらが広く実用に供せられるように育てていく過程」なのである(ジョー・ティッド他『イノベーションの経営学』NTT出版、2004、p49)。

有名なクリステンセンは学生時代から、自身の論理で学んでいた。
彼が、短期間で博士課程をパスしたのも、学ぶことを自分の論理に置き換えていたからだと言われている。
社会人学生であると、とかく時間に追われてしまい、単位習得だけが目的になる機会がある。リポートは特にそうである。少しでも研究時間を捻出するには、容赦なく課せられるリポートの課題を、少しでも、自身の研究の論理に落とし込んで仕上げることが、後の論文執筆に役立つと考えている。

・・・しかし、なかには、これを嫌う先生もいらっしゃる。


0 Comments:

Post a Comment

<< Home