社会人MBA-技術者編

September 19, 2006

日本企業の研究開発の効率性はなぜ低下したのか

日本企業の研究開発の効率性はなぜ低下したのか
研究開発は経営成果と結びついているか

榊原(2003)の報告である。
日本企業の技術戦略、イノベーション課題の変化、および研究開発マネジメントから言及している。定量的な分析は、企業の研究開発費、設備投資額、及び研究開発費/設備投資額比率の推移である。研究開発費が設備投資を上回るかを指標にして論じている。

①日本企業の技術戦略
80年代の基礎研究所設立ブームに代表される「閉鎖的」
②イノベーション課題の変化
それまで得意としていた「プロセス」から「プロダクト」イノベーションへの課題変化
③研究開発マネジメント
経験豊富で熟達した「目利き」の存在、また社内努力優先の姿勢が強い(これと表裏一体なのがNIH症候群)→プロジェクトの中断が困難

これらの考察から、日本企業の研究開発の効率性は低下した可能性が高い。

・・・中央研究所は終焉をむかえてしまうのか・・・。

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home