社会人MBA-技術者編

September 14, 2006

ipodを考える



今や、”ウォークマン”の代名詞になった”ipod”。
私は、ipod(30G)、ipod(nano:4G)、ipod shuffle(1G)を所有している。ipod(30G)は自宅用(スピーカーを接続)、nanoは移動時用、shuffleは大学院への通学用である。
shuffleは、講義でプレゼンテーションを行なう際に、USBメモリの代替にもなるので、非常に便利である。

今秋、種々の発表がなされた。写真のshuffleをはじめ、ipod(80G)では映像(特に映画が配信されはじめるが)も多く保存できる(付属のイヤホンは最悪だったが、今回はインナーイヤホンに変更されている)。

日本では、SONYが最も対応できるであろう。
日本の技術者としては、”ウォークマン”につづく商品を望んでいる。

商品を売ることに利益を求め、さらには、使用中まで顧客がお金を支払うシステムである。
確かに、iTunesは使いやすかった。商品を開発する主活動から、それ以降の主活動にお金が停滞しはじめており、その部分もターゲットとすることは、携帯電話のようである。

・・・今後のビジネスモデルは、どうなるのであろうか。

ipod & iTunes


0 Comments:

Post a Comment

<< Home