社会人MBA-技術者編

October 7, 2006

イノベーションをマネージする

月の表面は綺麗に見えても、暗い部分も月は月である。光によって様々に映し出される。イノベーションも同じような側面がある。革新的な部分に注目してしまう嫌いがあるが、暗くとも「学習」という地道な活動なくしては結実を迎えない(ちなみに、今日の月は三日月ではありません)。おそらく、これまで述べてきたイノベーションの中核をなすものが、①シグナルの処理、②戦略立案、③リソースの調達および④実行、のイノベーション・プロセスであるならば、マネージしなければならない重要な事項は以下である。

●戦略
●効果的な実行メカニズム
●イノベーションを支援する組織内の環境
●外部との効果的なリンケージ

そして、イノベーション・プロセスとの関係は:



となる。
従って、イノベーションの経営学―技術・市場・組織の統合的マネジメントにおいては、これらの説明がなされており、イノベーションについての中核をなしていることになる。

そして、考察していくべき重要なテーマは:
○戦略的アプローチを採用し、イノベーションとそのマネジメントの問題に取り組む。
○効果的な実行メカニズムと構造を発展させ、利用する。
○イノベーションを支援するような組織内の環境を発展させ、拡大していく。
○効果的な外部とのリンケージを構築し、維持する。

・・・企業において、イノベーションを成功させるのは、一般解ではなく、特殊解である。

photo © Morio Higashida 月世界への招待より

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home