社会人MBA-技術者編

October 12, 2006

混沌のなかでのマネジメント

「物質が存在すると周囲の空間が曲がり、その曲がった空間の中で物質は互いに近づくような運動をする」とは、ご存知の通り、重力の概念である。ある回帰式があり、その誤差項にはどのような因子が含まれているかはわからない。かといって、難解な相対性理論(特殊の方)もGPSの時間補正には欠かせない。文化物も守る人間がいなければ、現代に見ることはできない。
科学が技術を誘発することもあれば、市場が技術を促すこともある。重力の概念がわかったからといって、相対性理論(一般の方)が100%正しいとは限らない。

マネジメントとはそのような混沌とした環境で組織のプロセス、現在のポジション、利用可能な技術軌道の視点から最適解を導き、維持管理していく行為ではなかろうか。

例えば、ダイナミック・ケイパビリティ:
競争優位の源泉に関する見方は、絶えず変化しつづける環境が持つ性格を表現しており、戦略的マネジメントが変化し続ける環境に対応するために果たす役割を表現している。

・・・動的な変化と企業の学習が重要といえる。


イノベーションの経営学―技術・市場・組織の統合的マネジメントp99-100

*数度トライしましたが、今日は画像がBloggerにアップできませんでした。残念!

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home