社会人MBA-技術者編

October 25, 2006

たらこキューピー

たらこキューピーとは・・・
「キューピーあえるパスタソースたらこのCMに登場する、たらこの着ぐるみをかぶったようなキューピーのこと。2004年秋、同製品のリニューアルを知らせるキャラクターとして誕生した。CMソングは、9月初旬にオリコンCDシングルに初登場し第2位を記録。」(日経MM通信,38,2006.10,p4)

日経収集店舗によるPOSデータによると、来店千人当たり販売金額(千人の客が来店したときに、その商品がいくら売れたかを示す)は2004年8月時点で約20円、同年10月にCMがはじまり、2006年8月時点で同金額は100円強で、約4~5倍の躍進となっている。

キューピーの製品担当は複雑な気持ちではないかと推測する。当然、企業の売り上げが増加することは好ましいことである。商品力、流通力が作用し売り上げを導いているのであれば、買いたい商品が店に並んでいないことは顧客機会を損失するし、商品力がないものは、注意を引かない、いや、検索すらしないであろう。この場合はどうであろうか。「特定のキャラクターが一躍脚光を浴びて社会的なブームになる例が弊社ではなく(キューピー)」と戸惑っている面もある。

このようなコモディティ化した商品の顧客の教育は非常に難しい。お金がかかるのである。この例でもCM開始からすぐに効果が現れた訳ではない。当然、キューピーのマーケット担当は、顧客と適切なコミュニケーションを図るため広告を打ったであろう。

たらこキューピーに人気が高まり過ぎると商品を伝える顧客とのコミュニケーションが薄れてしまう。ハリウッド俳優は通常TVCMへ出演しない。宣伝主が商品ブランドの影が薄れてしまうためである。日本でハリウッド俳優が出演するCMは契約の際に日本限定での放映、という条項を入れるのが通常である。日本の場合は、俳優がCMへ出演する免疫ができている背景もある。これは、商品が影になってしまい、「あれ何やった?ほら○○がでているCMのやつ?」てな具合である。

・・・ところで、あえるパスタソースをご存知ですか?

参考:日経MM通信,38,2006.10,pp4-5


0 Comments:

Post a Comment

<< Home