社会人MBA-技術者編

October 26, 2006

企業では誰が偉いのか

企業では誰が偉いのであろうか。経営者なのか、資金を提供してくれる株主なのであろうか、信頼してくれる顧客なのか、従業員なのか・・・。
はたまた、企業を支える製品、サービスの開発者なのか、販売員なのか。

別の視点から考えたい。
私は設計者であるが、この仕事(設計業務)は所詮、舞台で演じている演者の演技でしかないと考えている。
演者であるからには、最高の演技を顧客に提供する。そのためには、練習も気の済むまで行う。演技指導も受けるだろう。共演者とも協議し、監督の思い描く舞台を協働するであろう。
まさか、自分がアップで撮影されるタイミングにアカデミー狙いの涙モノは見せないだろう。全体の調和が崩れることを嫌うためだ。
これらは、あくまで舞台があっての話である。演じやすい舞台、必ず成功するからくり、適切な照明・・・舞台は整っていることが前提である。その影には、いつも同じように演者が演技できるように舞台を整えてくださる人がいる。

製造業で言えば、事故をシュートする人より、事故を起こさないように日々取り組んでいる人であると言えよう。
経営者はそのような影の人を探しだし、必ず光を当てなくてはならない。建前のコンプライアンス、CSR、形骸化した表彰制度は、もう要らない。真面目に努力している従業員が報われるシステムを構築しなくては、その企業の理念に従業員は共鳴しないし、顧客満足は得られない。
青臭いことは分かっている。(つたない経験かもしれないが)これまの業務経験、そしてビジネススクールでの学術的、人的な資源から帰結される私の結論である。

今後、栄える企業は、経済的競争から人道的競争を勝ち行く企業である。

企業で言えば、舞台を整えてくださる影の人がいる。
毎朝、出社して花壇が綺麗に整えてある。木々はいつの季節も整えられ、通路にはごみひとつ落ちていない。駐車場はいつも止めやすいように整備されている。廊下は綺麗に清掃され、タバコの灰など落ちているはずがない。

明日出勤しても同じであろう。

それらが、彼らの仕事である、といえばそうかもしれない。
しかし、彼らの仕事に一日でも不備があれば、企業データが持ち出されるかもしれない。来客した顧客は嫌悪感を示すかもしれない。怪我をする従業員が出るかもしれない。製造業での怪我は、甚大なものである。

開発者の仕事に一日不備があっても、最終製品が出荷されない限り問題はない。
研究が一日遅れたと言っても、特許出願日でもなければ、取り戻すことは容易である。
社長が一日休んだところで、売上は下がらない。

・・・彼らが偉いんだとは言わない。だが、毎日のことに感謝したい。ありがとう。


0 Comments:

Post a Comment

<< Home