社会人MBA-技術者編

December 28, 2006

仕事収め

一部の製造業では生産を残しているかもしれないが、本日、多くの企業では、仕事収めであった。師走の通り、あっという間の1ヶ月である。
企業、大学院にて種々のことを学んできたが、やはり、最終的にイノベーションの源泉になりうる背景は企業文化である。それは組織に由来し、さらに、従業員に由来する。私はそう考えている。

卑近な例で言えば、誠実な人には従うものである。

多くの経営改善手法、開発効率向上手法も扱う者による。
導入することが目的になってしまえば、成果は小さい。極論すれば、それらの手法を用いて、如何に従業員の惰性を打破するかなど、組織の意識をカイゼンすることが第一歩である、といっても過言ではない。

それらは、砂上の楼閣であるがゆえ、少しの油断で崩壊する。製造業では事故(顧客において、また企業内において)に発現する。「間断なきイノベーション」とは「言うは安く行なうは難し」である。

現在では、競争環境は非常に厳しさが増しているゆえ・・・、

・・・リーダーは常に「真剣の一人」でなければならない。慢心、策略(悪い意味での)、成果の見栄、周囲との協調のなさ、などが目立つリーダーが増加すれば、その組織は暗くなるだろう。


0 Comments:

Post a Comment

<< Home