社会人MBA-技術者編

February 11, 2007

SOLVIVA

病気になった時、調子の悪い時に、第一に気にかけるのが「食」である。
誰しもが、現代の食に健康面からは満足していないだろう。それは、水を例にとっても、消毒に使用される塩素、食品を例にとると、防腐剤などである。これらは、絶対悪とはいえない。毎日大量に使用される水を効率的に消毒する、また、これだけ多くの人口へ食品を配分するには、交通機関が発達したといえども、腐らせず食卓に届けることは不可能に近い。問題なのは、そこにつけこんで無駄に儲けようとするモノが現れることである。

こうのような背景からか、有機野菜や出来るだけ自然のままで食することが出来る店も多く登場している。写真はNATURAL & ORGANIC CUISINEを謳う”SOLVIVA”店である。

自然食品は、ジャンクで育ったモノにとっては、一味足らない。
逆にジャンクが合わないモノにとっては、しっくりくる食である。

歳を重ねていけば、誰もが後者でありたいと思うものである。ちなみに右の写真は玄米のドリアで野菜が豊富に入っていた。飲み水は、濾過後、電位(酸化還元電位)を還元側へ戻しているらしい(都市部の飲料水は酸化側が多い)。

現代では、「食」も考えて食さなければならなくなってきた。

・・・病気の相続は遺伝的要因の部分もあるが、大人の悪習慣まで伝えてはならない。

*写真のお店は梅田芸術劇場の横です。
SOLVIVA- オーガニックレストラン-


0 Comments:

Post a Comment

<< Home