社会人MBA-技術者編

May 1, 2008

Randy Pausch教授-last lecture

教授の最後の講義-last lecture。数々の教授が「いったい私ならば、彼ら(学生)に何を伝えるであろう」と考えている。教授というより、彼らの人生の総括かもしれない。

ハーバードにおいても、その学期の最終講義の最後に教授が教訓的に話をするという。(書籍には『ハーバードからの贈り物 (Harvard business school press)』があるそうです)。

しかしながら、今回は、本当のlast lectureである。彼は、カーネギーメロン大学に所属していて、3Dアニメーション作成システム「Alice」を開発したことで有名である。その彼が余命数ヶ月と診断され(膵臓癌)、とうとうその教壇に立つ時が来てしまった。

が、全く深刻さはない。
「おいおい、そんなしかめっ面(同情しているような)してどうするんだい?」
「ぼくは、まだまだ元気だよ!」
と腕立て伏せをはじめたりしてその最後の講義は始まっていく・・・。



*映像はYouTubeなど種々のサイトに豊富なので、検索してみてください。
ちなみに、上はGoogle Videoによるもので、直接ご覧になれますが、参考まで、URLを記載しておきます。是非ご覧ください。http://video.google.com/videoplay?docid=362421849901825950&hl=en
*全85分です。最初の約10分ぐらいは彼の紹介部分です(画面に見えている人はその人ではありません)。

<関連書籍>*この書籍はRandy Pausch教授に関連ありません。

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home