社会人MBA-技術者編

July 22, 2008

iPodと音楽と情報と

携帯電話といえば・・・

○さほど、メール依存症ではない。
○持ち歩かないこともしばしば
○お財布は、携帯ではなくお財布から
○写真は、デジカメで・・・
○着信音は音楽でなくても問題ない
○やっぱり、財布を落としたときの方がヘコみます

などなど、携帯に関しては上記のような使用状態の人もいるようだが(私がそうです)…

  • 「iPhone」再び店頭に、きょう家電量販など一部で』(2008/07/19, 日本経済新聞 朝刊, 11ページ)
7/11に日本にて販売された「iPhone」が品切れ後、再び販売される見通しである。

*写真はiPod touchです。

なんだかんだで、私のiPodも結構な台数になっているが、iPhoneの販売もあり、iPod touch のソフトウェアもiTunesで充実してきている。

例えば、New York Timesが読め、Bloombergでファイナンスを確認できる(共に無料)ことなど、PCの役割を果たすことである(上記はtouchのソフトウェアのアップデートが必要:有料)。

電子手帳といえば、日本ではあまり持つ人を見かけないが、その機能を享受しているのは意外に欧米の人達である。USB経由でウィルスに感染することがあるらしいが、(出張先などで)G-Mailからメールできることを考えれば、USBを持ち歩かなくてもいい(G-Mailがビジネス向けに使用許可が下りている企業の場合です)。

結局、iPhoneは法人向けには最適かもしれない。

音楽を楽しみ、情報を収集、おまけに電話も出来るiPhoneの心配な点は、電池である。多機能化すれば、消費電力は劇的に増加する。電池容量の劇的な増加は、充填量の増加ぐらいである。
多機能が、ひとつの機器に統一化されることは、これまでもあったが、別々のほうが、それぞれに専用の電源を持つことになるので、安心かなぁとも考える。

・・・なくさないように気をつけてくださいね。

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home