社会人MBA-技術者編

March 3, 2009

混乱、動揺・・・

「米国は、シティグループの事実上の政府管理で、金融システム再建の山場を向え」[1]、AIGの事実上の「米政府主導の大掛かりな清算劇」[2]もあり、2日の米株式相場は大きく落ち込んだ。

米国の株式市場と相関性の高い日本の株式市場も同様で、下に示す様に、株価の落ち込みとともに、騰落率(前週比)の動きもかなり大きく、市場は混乱している様相である。

●日経平均と対前週比騰落率(週足、2006/1~2009/2)
シティグループ、AIGに絡むストーリーは織り込み済みだとされていたが、なんと言おうと日本と同じ轍を踏む米国には、まだ自動車メーカーの清算が残っている。歴史的な大統領とは言え、再建は困難を極める。

日本に目を向けると、GDPの実質成長率は下に示す様に大幅に落ち込み(データは内閣府)、これに寄与する要因は「輸出」が大きく寄与している。

●GDP実質成長率(1995~2008、内閣府より)

この日本の状況が、世界的にはまだマシなのだから、今回の危機の深刻さが伺える。


・・・まだまだ市場は荒れ模様のようです。


<参 考>
[1]「シティ、なお収益悪化懸念、米政府、「破綻回避」の決意」日本経済新聞7面, 2009.2.28.
[2]「AIG、解体で損保に回帰(ウォール街ラウンドアップ)」日本経済新聞夕刊4面, 2009.3.3.

Labels: ,


0 Comments:

Post a Comment

<< Home