社会人MBA-技術者編

December 2, 2009

万年CIL《ケリー》の話

筆記具といえば・・・ロットリング(rotring)マルチペン・エグゼクティブ(過去記事「インプットとアウトプット-MBA入学試験に向けて」での写真参照 )はお気に入りで、ビジネススクールでは、ノートはずっとこれを使用していた。

とはいうものの、これよりお気に入りのシャーペンがある。

昔、親父が10円硬貨の新しい時のような綺麗な色のシャーペンを使っていて(この色は今はカタログにありません)、それとは違うブルーのものを買ってもらった記憶がある。

正式な型番は、ペンてる(公式ホームページ)の「万年CIL《ケリー》」というものらしい。もう25年ぐらいも使っている(と思う)。結構、学生の頃から試験とか大事なときに使用してきた。

あまりに気に入り過ぎていて、部品取替え用に同じものを追加購入し、ところどころ取り替えながら使用している。

製品の開発では、開発を継続していかなくてはならないという、ある種の脅迫概念がある。そのような製品がある反面、このシャーペンのように、ある意味ロバストな設計で、結構な年数が経過して新品を購入しても、部材が共有できることは、なんだかうれしいものである。

すべての製品にこのようなことは、あてはまらないが、移り変わりが激しい製品においても考察の余地があることは、“待機”というオプションもある、ということである。


・・・筆記具って意外にこだわりますよね。



0 Comments:

Post a Comment

<< Home