社会人MBA-技術者編

June 30, 2009

商人は賢才でなければならぬ――渋沢栄一

明治日本の革新的企業者といえば、西の五代友厚、東の渋沢栄一である。

当時の企業家が“革新的”である要件としては、江戸時代の士農工商の身分秩序に収まるのではなく:
諸階層が重なり合う境界的(マージナル)な位置に身を置いた」人物が多いことが言われている*。

これは、その「マージナル・マンの方が既存の階層のそれぞれの価値体系から自由であったから」と考察されている*。

本日取り上げる渋沢もそうであり、富裕な豪農商の家に生まれ、武士(幕臣)になり、維新後は政府官僚となったのである。

渋沢と言えば、第一国立銀行への関与であり、その前後の企業の設立である。生涯に関与した会社は500社にのぼるとも言われ、株式会社制度への移行により、日本の近代産業の基本を築いた人物である。

とはいうものの、当時の株式会社といっても、現代のような形式とは程遠く、有力な資産家グループの集合が株主であった。

このような資産家は、多くの企業に出資しており、非常勤の取締役であることが多く、彼らは事業内容より利益配分にしか興味がない。当然、株主間では紛糾も生じる。

それでも、多くの企業が事業を展開できたのは、彼が、設立はもちろんのこと、事業運営に関する人選、設立後の諸問題をも調整するオーガナイザーの資質が備わっていたからである*。


・・・「有望な仕事があるが資本がなくて困るという人がいる。だが、これは愚痴でしかない。その仕事が真に有望で、かつその人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない」(渋沢栄一)


*宮本又朗, 『日本の近代 11 企業家たちの挑戦』中央公論新社, 1999, pp282-294を参考。


<関連記事>
渋沢栄一(1840-1931)

<参考書籍>


photo by Maco

Labels:


June 25, 2009

『アイデアのつくり方』 ジェームス・W・ヤング

『いやぁ~困った。この課題を解決できる技術は・・』となったとき、どのようなアプローチでその課題を解決するであろうか?

経験上、結果的に解決に寄与した技術のほとんどは、「凡庸なものではあるが、企業内には、いや、業界内ではこれまで実績がなかった技術」であることが多い(研究開発分野によりますが…)。

そのような時、何かのヒントを得るために使用していた技術がある。

それは、旧ソ連で生まれた発明技法で、TRIZと呼ばれている。これは、膨大な特許を分析し、技術進化、展開の傾向を分析したもので、種々の種類に分類されている。

この技法を習熟して思ったことは:

“ほとんどの発明は、既存である。既存の技術の組み合わせで、その組み合わせの背景技術がこれまでにない分野どうしなのである。”

ということである(とはいうものの、最終的には、当該担当者の技量によると思いますが。。。)。

技術を生み出すことがそうであるように、本日の記事の主役である“アイデアのつくり方”についても、その著者であるヤングは次のように述べている。

アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。」
*本文中の太字は、著作中では傍点。

本書は、本当にページ数の短い書籍であるが、ちまたにある「5分でできる○○」「誰でもできる○○」といった“お手軽、簡単、すぐ出来る”的な書籍ではなく、アイデア出現の経路、プロセスの考察である。

著者が述べる、アイデアの作られる5過程のうち、最初は、「資料の収集」から始まる。そして:

2.データの咀嚼
3.データの組み合わせ
4.ユーレカ(発見した!)の瞬間
5.アイデアのチェック
*上の5段階の表現は、Wikipediaによる。

の過程により、アイデアは作り出される。

なんとなく、研究開発に似ているところもある。


・・・とは言うものの、研究開発と同様に、何十も何百ものアイデア(研究開発結果、実験など)が収斂されて、ひとつもモノが生み出されていくのですね。こればっかりは変わりません。


*本ブログは、これまで一部のリーダー(Googleリーダー)では、購読できましたが、多くのRSSリーダーを選択できるようになりました(本ブログトップ右&すぐ下;っていうより、早よせいよって感じでしたが…)。早速、登録してくださった方もあり、感謝しています。

 Subscribe in a reader



<参考書籍>

Labels:


June 23, 2009

GMの“Chapter One”

記憶に新しいが、GMは2009/6/1に連邦破産法11条の適用を申請し、事実上経営は破綻した。今回の危機の象徴的な出来事である。

Chapter 11――“チャプターイレブン”と聞きなれたこのフレーズが意味することは、「当該条項に基づき行われる倒産処理手続をさしているWikipedia参照)。」

いずれにせよ――目的は、再建である。

すでに、消費者への負のイメージを払拭するために、広告が打ち出されている。これが、なかなかカッコよく創られている。





特に、0:52,3~の台詞(全部で1分程度の映像です):

"Because the only chapter we are focused on is Chapter One."

"Chapter 11"は米国の連日のニュースで連呼されたのでしょうか。
"Chapter One"――とポジティブなイメージでの心憎い切りかえしで、GM再生を連想させています。

さて、1日以後、次々と傘下のブランドを解体しているGMであるが(さすがに長年世界一に君臨していただけあり、すごい顔ぶれですね)、“新生GM”は環境対応である。

皮肉な話、大きすぎる負債といい、環境対応技術といい・・・

サクッと、カイゼンしてもらえばいいのではないでしょうか?


・・・とはいうものの、トヨタもこれからは従来のカイゼンではVWには敵わないので、GMも含めて、今後の両社の行方は注目です。

Labels:


June 16, 2009

『知的な未来をつくる「五つの心」』(『Five Minds for the Future』)by Howard Gardner

昨年、北京オリンピックにて北島康介選手が金メダルを獲得、野球は残念であったが、ソフトボールが悲願の金メダル!また、今年は、WBCにて韓国との決勝に勝利し、世界一となった。

イチローのセンター前ヒットは、忘れることが出来ないほど、強烈に印象に残っている。

さて、北島が受けたコーチ(コーチング)、上野の牽引、イチローのリーダーシップ・・・それぞれの活躍にはリーダーの役割に視点が当てられている。ビジネスでもそうであり、リーダーの仕事ぶりで大きく成果が変わってくる。

最近の記事で、”連帯感”をキーワードに挙げ、ボヤっとチームのファシリテーションについて述べた(記事はこちら)。外部環境も大きく変わり、ビジネスゲームのルールは大きく変わりつつある。

そういったなか、『Five Minds for the Future』にて、5つのマインドセットが紹介されたが、その邦訳は以下である。

Amazonの書籍紹介より。

■The Disciplined Mind(熟練した心)
主要な学問や職業に必要とされる思考法を使いこなす心。
■The Synthesizing Mind(統合する心)
大量の情報のなかから重要なものを選び出し、それを自己と他者双方が役立てられるような形にまとめていく心。
■The Creating Mind(想像する心)
既存の知識や「統合体」を超えて、新しい課題や解決策を示し、既存の分野を広げたり新分野を開拓したりする心。
■The Respectful Mind(尊敬する心)
個人や集団のあいだの差異に共感して建設的に対応する心。
■The Ethical Mind(倫理的な心)
働き手として、また市民としてのいずからの役割の特徴を抽象化してとらえる心。

ビジネスで言えば、これらを持ち合わせる、また、持ち合わそうとする人がファシリテーターであり、注目されているリーダー像である。


・・・どれも持っていない人っていますよね。。。


<書籍>


photo by Maco

Labels:


腐ってはいけない、どんな道でも達人に―小林一三

―その道の達人に―

とは、よく言われ、特に新入社員へのメッセージではよく聞く台詞である。

今日の記事では、宝塚、歌劇団、阪急といえば…の、小林一三を取り上げる。一度、このブログでも取り上げたことがある(過去記事はこちら)。

消費者志向と言えば、聞こえはいいが、彼が企業家として活躍する第二次戦以前は、そういった企業家は少なかった。その彼を評すると:

「日露戦後から大正期になると大阪は近代的工業都市としてさらに発展、人口が急速にふくれあがった。高速輸送機関としての電鉄を、住宅地、教育・レジャー・文化施設、ショッピング・センター(ターミナル・デパート)などの開発と関連づけて経営しようとした小林一三のアイディアは、その後の日本の私鉄経営のモデルとなった。」

である*。

その彼も、当時勤務していた三井銀行を辞職したが、次の証券会社も折悪く株の暴落により立ち消え、阪鶴(はんかく)鉄道の監査役へ就任する(が阪鶴鉄道も大きな問題を抱えていたが)。当時、関西の方にはおなじみの、梅田・箕面・有馬、宝塚・西宮を路線とする電鉄会社の設立も計画していたが、危ぶまれていた。その事態に対して:

「自分の一生の仕事として責任を持ってやってみるという決心」

で望んだ一三は、上記のモデルを作り出すことになるのである**。この開通しようとしていた箕面有馬電気軌道株式会社が、後の阪神急行電鉄=阪急である。


・・・「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ」(小林一三)***。


<関連記事>
小林一三(1873-1957)

<参考資料>
*現代企業家の戦略的役割より(関西学院大学)http://www.kwansei.ac.jp/iba/entre/column/vol1.html
**三井銀行からのくだりは、下の参考資料『企業家たちの挑戦』より。
***最後の言葉は下の参考資料『心に響く 名経営者の言葉』より。

 

photo by Maco

Labels: , ,


June 12, 2009

チームに必要な人―√2のピエロ

私は、ペーパー教師である。いわゆる教職免許を取得しながら、教職(や関連する職種)を選択していない。だから、教壇に立ったのは、教育実習の時のみである。

さて、√の概念は中学で登場する。やがて、数年後、これが1/2乗であることを知り、1/3乗・・・と種々の概念を学ぶことになるが、まずは√(=1/2乗)である。

授業の中で、先生は、「2×2=4であるように、○×○=2となる数字を当ててみよう!」と、1.4辺りからはじまり、1.42?、いや1.41・・・と実際に計算していく。これはなかなか2にはならない(当たり前であるが)。

やがて、そのような概念(ルール)を√を用いて表現する。

この際に、
「1.41!」
「1.43!」
「1.42!」
「先生、そんなんないんちゃうん?」

などと言ってくれる生徒が必要である。進学塾などでは、結構先のことまで教えるし、いやいや数学は、教科書にすべて習うことが書いてあるので、こう言ってくれる生徒は、神様である。

それを”√2のピエロ”と呼んでいる。

授業の進展には、なくてはならない生徒である(授業計画変えろよ、という指摘は置いといて・・と)。


何かの作業を共同で、またはチームで進める際には、リーダーシップ、マネジメントは大切であるが:


「あぁ・・課長が言うならやるか」

のような、ある種、リーダーより大人なメンバーが大切である。


チームや組織が成果を挙げる、働きやすい環境を整備するなど、このような変化は随分前から起きていて、成果を享受するためには、ハードの枠組み(戦略や組織形態など)よりソフト面の議論が多くなっているからである。


ある意味、旧来の日本型チームは、阿吽の呼吸、など独特の文化的側面からそれを実施していたのかもしれないが、なにか、何時からか、四半期ごとの業績を過敏に気にし始め、手っ取り早い効果→固定費用の削減(単なる人きり)→「内向きの視点ばかりの組織衰退の悪循環*」と自滅を招いてしまっている。


こういった状況を避ける、または打開する際、散見されるキーワードは”連帯感”である。それは、「一つのコミュニティとして、メンバーの社会的・感情的な欲求を満たせるそうな組織**」を達成するものである。

一昔前は、その組織での潤滑剤的役割は、ベテランの係長が評価が低いとわかっていても担っていましたよね。


・・・”いぶし銀”・・・今となっては懐かしい言葉です。



*「内向き・・・」は『自滅する企業 エクセレント・カンパニーを蝕む7つの習慣病 (ウォートン経営戦略シリーズ)』pp44-45、リーダーにより企業が慢性疾患に陥ってしまう傾向の記載より。
**連帯感・・・『熱狂する社員 企業競争力を決定するモチベーションの3要素 (ウォートン経営戦略シリーズ)』(p51)の主題である、企業競争力を決定するモチベーションの要素の一つ。他は「達成感」「公平感」



*記事のコーヒーカップの画像は:
http://www.siliconcafe.com/index.html

photo by Maco

Labels: ,


June 9, 2009

“マーケティング”記事一覧

本ブログのカテゴリ“マーケティング”に関して、一覧を記載します。
以下からもご覧ください。



*  *  *
マーケティング①(なぜケーススタディなのか?)
マーケティング②(第五水準のリーダー)
マーケティング③(品質とは何だろうか?)
マーケティング④(マーケティングの重要性-21世紀のマーケティング)
マーケティング⑤(顧客価値とは?)
マーケティング⑥(プライベートブランド)
マーケティング⑦(エーベルのフレームとVRIO分析)
マーケティング⑧(時間管理のマトリクス)
マーケティング⑨(価格の設定)
マーケティング⑩(製品ライフサイクルと消費者)
マーケティング⑪(イノベーションの普及)
マーケティング⑫(チャネル-なぜ生産者は仲介業者を利用するのか)
マーケティング⑬(後継者は誰だ)
前年比100を超えることは簡単ではなくなった。

Labels:


前年比100を超えることは簡単ではなくなった。

学生の頃、一人暮らしをしていて、アルバイトなどでお金が入ると、なにかと買いだめした覚えがある。で、結構使わなかったり、食べなかったり・・・。

誰が我が社の製品またはサービスの”消費者”なのか―――その属性を調査、発見することは企業の重要な業務である。

100万件に1件程度のクレームでも、全く製品、サービスに反映しない場合もあれば、逆に開発計画を組まなければならない重要案件であることもある。

それは、その企業の製品、サービスは主として誰に売っているのかによる。

当たり前の話、「当該製品、サービスの顧客は国民である。」などと言うマーケッターはいない(そのような分野にはマーケッターはいらないので)。

何かしらの属性には分類しているはずである。

で、本日の記事は、”世帯”に関するものである。


*  *  *  *  *

消費でいうと、世帯構造が変わると、当然ながら、購入形態も変化するものである(例えば巣ごもり消費)。下には、各分類された世帯の数を80年代から現在まで、さらに2030年頃まで推定した推移である(データの出所は記事下の<参考>を参照)。

主な分類は:
単独=単身世帯
核家族=夫婦のみ、夫婦と子、ひとり親と子
その他=核家族以外
である。

●家族類型別一般世帯数
単身世帯は増加しているが、詳細な調査によれば、この単身世帯は、未婚化、晩婚化や夫婦の死別などにより、すべての世代にわたって大幅に増加(今後も増加)しているのである

となれば、消費者の観点からは”単身世帯”の属性では不十分となる。

*  *  *  *  *

我が社の消費者は・・・とは、どのような消費者なのか?消費者の想定は、マーケッターにとっては難問となりつつある。いわゆるセグメントが複数なのである

最早、現場主義に基づいた、または、イノベーター向けの製品、サービスの提供となり、競争相手は競合企業ではなくなっているのである。

だから、田舎や郊外に大型店を出店した企業は苦戦している。
それは、業績が振るわない中、”値下げ”という価値のない提案をし、業界が簡単に追随し、業界全体の利益を損ねてしまったのである・・・。もう値を上げることができない。
*上の世帯の例で言えば、値下げで喜ぶ世帯、例えば、夫婦と子供などは逓減するので、業界が足並みを揃えてしまっては、単に売上高が減少するだけである。

要は価格を価値と勘違いしてしまったのである。


顧客に価値を提供しない限り、前年比100以上は困難になりつつある。厳しく固定費用を削減したところで、販売価格は逓減していく。それは皮肉なことだが、競合企業が存在する限り仕方がない。

かと言って少しのカイゼン、いやカイゼンの大きさに関わらず、新たな利益は新たな顧客にもたらされるのである。


・・・一度、会議室や事務所で怒鳴っているマネジャーや経営陣に、当該製品、サービスの消費層を伺ってみてはどうでしょうか・・・。



<参考>
「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」(2008年3月推計)、国立社会保障・人口問題研究所(http://www.ipss.go.jp/)
*本記事のグラフは、2.概要のエクセルデータをグラフ化、2010年以降は推計。
○消費について:大前研一ライブ―【向研会】個人消費・消費者心理の現状と課題

photo by Maco

Labels:


June 3, 2009

MOTサイトを運営していてわかること―検索ランキング―

このブログは、主に経営や品質に関することを記載してるブログで、MBA在籍当時に備忘録として開始したのが始まりである。

かれこれ、3年近くになる。同様に、MOTに関するホームページも開設し、もう1年になる。で、本日の内容は:

  • 何が検索されているのか
  • ネットでビジネスしている人は大変だ・・・

である。

          *  *  *  *  *

おかげさまで、このブログも多くの方に御覧頂くようになったが、最近では、開設したホームページの方が本ブログよりPV(ページビュー)が多い。そうなったのは、「MOT用語集*」のページに掲載した用語のPV増加によるものである。

*この用語集は、せいぜい50個程度のもので、備忘録として作成したものです。イノベーション、技術価値評価の種類、品質技法では、工程能力分析、FMEAなどの用語を掲載しています。

多くは、検索され、閲覧されているようであるが、50程度の用語の中で、閲覧数の約50%がランキングの1位から3位の用語の閲覧によるものとなっていた。ということで、開設から2009.5月(現在)までの閲覧ランキングです。

1位 工程能力分析
2位 特性要因図
3位 FMEA(故障モード影響度解析)
4位 QFD(品質機能展開)
5位 狩野モデル

まさに、王道!
メーカでは、中堅クラスの品質保証部員、設計部員などは、マスターしている技法や考え方である。ちなみに、シックスシグマではこれらがパッケージされているので、費用はさておき、”教育”の観点からも有用ではある。


次の話。
なぜネットでビジネスを利用する人は大変なのか?

(売り手側の論理として)それは、検索のランキングを高めることを怠れないことやコンテンツにはすぐ飽きられてしまうことに起因することで、おそらくは、その対策に多くの経費を計上している、いやもう止められないことと思う(多分、いたちごっこだ)。


とは言っても、このブログはBlogger、上記のMOT用語集の多くはPage Creator、解析はAnalyticsやウェブマスターツール、とGoogleさまさまな本ブログ運営者は、多くの方がそうであるように、これらを無料で利用している。

さて、本ブログやMOT用語集を少し解析すると、ページ閲覧に関する特徴としては、検索クエリと検索ページでの掲載順位の解析によると、閲覧者は、85%以上の検索クエリにおいて、検索結果の掲載1ページ目で該当閲覧ページをクリックしていた。

『そうそう、検索しても、よっぽどのことがない限り・・・いや、最初の10件の結果でなんとかなっているもんなぁ』

これを回避しようと、AdWordsの類を始めて、ページの最初、スポンサー枠に掲載されるとしても、結局、費用が発生する。

な~んて、こういう分野に全く素人の私が、ホームページを開設できたり、解析(の真似事)をしたりということができる、ということは、プロの間ではとんでもないことになっているのでは・・・と思ったりする。


・・・案外、おもしろいですよね、こういうのって。


photo by Maco