社会人MBA-技術者編

May 1, 2010

ミクロ経済学―備忘録4

*このページは、サイト運営者の備忘録です。



第4章 市場における需要と供給の作用


  • 市場(market)―特定の財やサービスについての売り手と買い手の集まり
  • 競争市場(competitive market )―多くの買い手と売り手が存在し、特定の売り手や買い手が市場価格に影響を及ぼさないような市場のことをいう。
  • 財の需要量(quantity demanded)―買い手が買いたいと思い、そして買うことができる財の量のこと。
  • 需要法則(law of demand )―他の条件を一定として、需要量が価格の上昇につれて減少し、価格の下落につれて増大するという関係のこと。
  • 需要表(demand schedule )―財の価格と需要量の関係を示した表。
  • 需要曲線(demand curve)―財の価格と需要量の関係を表すグラフ。
  • 正常財(normal good )―所得の増加につれてその財への需要が増加する財。もしくは上級財とも言う。
  • 劣等財(inferior good )―所得の増加につれてその財への需要が減少する財。もしくは下級財とも言う。
  • 代替財(substitutes )―一つの財の価格低下が別の財への需要を減少させるとき、その二つの財は代替財であるという。
  • 補完財(complements )―一つの財の価格低下が別の財への需要を増大させるとき、その二つの財は補完財であるという。
  • 供給量(Quantity supplied )―売り手が販売を望み、そしてそれが可能な量。
  • 供給法則(law of supply)―他の条件を一定として、ある財の価格が上昇すると供給量は増大し、価格の下落につれて供給量は減少すること。
  • 供給表(supply schedule)―ある財の価格と供給量の関係を表す表。
  • 供給曲線(supply curve)―ある財の価格と供給量の関係を表すグラフ。
  • 均衡(equilibrium )―供給量が需要量と一致するレベル(水準)に価格が達した状況のこと。
  • 均衡価格(equilibrium price)―供給量と需要量が釣り合っている時の価格。
  • 均衡取引量(equilibrium Quantity)―均衡価格における需要量と供給量のこと。
  • 余剰、超過供給(surplus, excess supply)―市場価格が均衡価格を上回っている時には、供給量が需要量を上回っている。
  • 不足、超過需要(shortage, excess demand)―市場価格が均衡価格を下回っているとき、需要量は供給量を上回っている。
  • 需要と供給の法則(Law of supply and demand )―需要と供給の法則とは、どの財の価格も供給量と需要量が一致するところまで調整されるという主張。



<学習の助けに>
マンキュー経済学―ミクロ編での講義パワーポイント。
「みごろ、よみごろ、しらべごろ」より。
“「マンキュー経済学 [第二版] ミクロ編 パワーポイント 日本語スライド」”


<参考書籍>

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home