社会人MBA-技術者編

December 26, 2010

「プロダクト・イノベーションと経済成長:日本の経験」, 経済産業研究所

少子・高齢化のもとでの経済成長のエンジンは「プロダクト・イノベーション」である。

本レポートでは、「産業構造の変化による検証、ミクロデータによる事例研究、中間投入を通じてプロダクト・イノベーションの影響を分析した。」ものである。

知見の一つに―
「小売店の売上データを利用した事例研究では、プロダクト・イノベーションの根源的な制約が需要の不確実性であること、規制緩和は成長促進策となりえること」
を述べている。

最終的には、「新興国の中間層」をボリュームゾーンとして重要視している。


新興国をボリュームゾーンにするのであれば、これまでの日本型スタイル(プロセスよいうよりプロダクト重視)で十分であることを逆から言っているような気がするのですが・・・


(ご紹介まで。)


<参照元>
プロダクト・イノベーションと経済成長:日本の経験
RIETI Policy Discussion Paper Series 10-P-018
経済産業研究所, 2010年11月


Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home