社会人MBA-技術者編

January 26, 2011

「日本企業の研究開発活動から商業化へのラグ構造の分析」,経済産業研究所

投資効果―特に研究開発の価値を算出するにあたり、前提となる特許化、商業化までのタイムラグは産業別ではどのようになっているのだろうか。

題記のレポートは―――

本分析では、新たな研究開発プロジェクトを開始してから特許を出願するまでのラグと、特許を出願した後に利用開始に至るまでのラグを調べた。

というものである。


様々な制約もあり、研究開発の短縮は検出しにくいが、「特許制度の改正が、出願後利用開始までの期間に影響を与えている可能性があることがわかった」など知見が豊富である。


(ご紹介まで)


<参照元>
○「日本企業の研究開発活動から商業化へのラグ構造の分析
2011年01月 ディスカッションペーパー11-J-002, 経済産業研究所

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home