社会人MBA-技術者編

December 31, 2014

Impactを起動する(モデルの作成)

*今回はモデルの作成です。


・作成するモデルは以下。


モデルは2次元で、45mmの正方形で、図のように矢印の方向に速度を与えるものである。


・Impactを立ち上げ、Pre Processor タブ内で、Drawタブがあり、下図のPoint(左端のドット模様)をクリックすると、矢印の座標が現れる。



正方形の左下を(0,0,0) を入力、Addをクリック、同様に(4.5,0,0)、(4.5,4.5,0)、(0,4.5,0)を入力する。



・次に、①をクリックすると、左下の画面が現れる。②では素材を選択出来るようになっている。




・画面で、座標をクリックするとLL などが設定される。





次は、境界条件を設定します。


「Impactを起動する」のインデックスはこちら




<参考>
「Impact 導入方法から基本例題での操作手順」
柴田先生によるDEXCS-Salomeと同環境でImpactを導入
「Impact による破壊解析:Bullet_AKM の例題の入力データ解説」
柴田先生によるImpactの例題解説
有限要素法のフリーのソフトウエア CalculiX を試す
tsunodakoさんの無料でCAE環境を構築することを綴ったブログ(詳しいです!)

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home