社会人MBA-技術者編

January 2, 2015

Impactを起動する(グラフの描画)

*今回は解析結果をグラフへ描画します。

・前回まで、下のモデル(四角の上下の辺に動きを付けて圧縮)を解析。


解析したモデル図

圧縮の様子


・圧縮の程度を把握するため、下のノードの27,35の変位の程度を、時間に対する変位としてグラフへ描画する。


・Graphタブで下のNew from...をクリック。Create new chart 画面でNodeを入力する。
*27と35の間はスペースです。



・ノード27の変位(黒)と35(水色)の変位の様子が時間に対してわかる。
*この場合、35での変位は27の変位の約半分程度であることがわかります。




本シリーズ(了)


「Impactを起動する」のインデックスはこちら


<参考>
「Impact 導入方法から基本例題での操作手順」
柴田先生によるDEXCS-Salomeと同環境でImpactを導入
「Impact による破壊解析:Bullet_AKM の例題の入力データ解説」
柴田先生によるImpactの例題解説
有限要素法のフリーのソフトウエア CalculiX を試す
tsunodakoさんの無料でCAE環境を構築することを綴ったブログ(詳しいです!)


*ImpactがSalome mecaのように、オープンでも本格的に運用されHow toサイトがますます充実することを期待しています。
*情報がありましたらお願いします。

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home