社会人MBA-技術者編

August 20, 2007

Wekaを起動する(決定木分析②-1)。

Weka を起動し決定木分析を実行することを前回掲載した。今回は下の画面に示される結果の意味を掲載する。


今回の掲載分は下の部分である。

お気付きの様に、決定木分析は単なる分類である。

例えば、晴れて湿度が75%以上の時は、ゴルフをplayするのである(図では左のyes(2.0))。また、決定木の一番上が「outlook」からはじまることから、「天気」で分類することが最も分類しやすい、のである(これについては、「Greedy Algorithm」で検索して参考にしてください)。結局、下の図は「このようなデータを、このような方法(アルゴリズム)を用いて分類しました」と述べているに過ぎない。


Weka起動からここまでの操作、及びJ48以外のアルゴリズム、決定木の設定などは、WEKA と樹木モデル にも解説されているので参考にしてください。

(「Wekaを起動する(決定木分析②-1)」了)
--> 次回は結果の解釈のつづきです。

*ブログ中の図はクリックすれば、拡大されます。
*本ブログ記事の下「Labels」の「データマイニング」をクリックすると、データマイニングに関する記事が一括掲載されます。

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home