社会人MBA-技術者編

December 15, 2010

「クラウド時代に求められる大企業の戦略としてのコーポレートベンチャリング」, 富士通総研

クラウドコンピューティングの時代の企業間の競争とは、言い換えればプラットフォームの拡大競争である。

このような時に考えるべきコーポレートベンチャリングとは―

「アライアンス等を通じて社外のベンチャー企業を活用すること*」

を指す。
*社内ベンチャーを育成するためのプログラムを意味する場合もある。

企業規模の大きな企業においても「クラウドコンピューティングへの流れは変えようもない」ため、この戦略を考慮しなければならない。


戦略を考慮していくということは、それに伴い、従業員、組織へのアプローチも大切である。


(ご紹介まで)


<参照元>
クラウド時代に求められる大企業の戦略としてのコーポレートベンチャリング
富士通総研, 2010年11月19日

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home