社会人MBA-技術者編

June 16, 2007

リーン生産

リーン生産方式(りーんせいさんほうしき)とは、工場における生産管理手法である。

リーン生産方式は、トヨタ生産方式をもとに、同方式を研究して編み出された。マサチューセッツ工科大学のジム・ウォーマックによって提唱された。製造工程におけるムダを排除することを目的として、製品および製造工程の全体にわたって、トータルコストを系統的に減らそうとする。(Wikipediaより)

経営者にはいかにも響きのいい言葉である。しかしながら、ひと昔まえからボトムアップ的に行なっていた日本の製造業では、死神が発する言葉である。なぜなら、生産性が向上すれば、同僚が消えていく歴史がこれまでに刻まれているからである。現在は、これらの名の下に、「標準作業」と名づけられた作業を社員から非正社員へ行なわせる試みが盛んである。

たとえ、代表的な日本の製造業でこれらの試みが行なわれていない企業が存在しても、そこは贅肉が落ちモデル体型並みであることが一般的である。暗愚な経営者は、ひと昔前に成果のあった手法を錦の御旗として、落とす贅肉がない身体に、「どこまでの筋肉を落として機能が維持できるか」、を開始しはじめているといってよい。

このような企業は頭はメタボリック(おかしな表現だが)、身体は倒れる寸前な状態であり、競合企業の手を借りずとも自滅していく。

ムダのないことは理想かもしれないが、ムダのない従業員は「標準作業」しかしない。予期せぬクレームには対応しない、製品をカイゼンしない、利益には関係ない・・・そう、利益を計上できるかどうかはより経営者の責任になりつつある。変化しつづける組織、学習する組織は従来の業務以外のことを行なう。当然である。学習は現在にはかかわりないかもしれないが、将来にはわからない。学習は金利の高い素晴らしいオプションである。

行き過ぎたムダの排除による「標準作業」に邁進する従業員の姿は、いわば人間動物園である。動植物はムダなくそれらの本能的使命を全うするからである。環境にも適応し、やはり全うしていく。

・・・ある企業によると、今使わないモノはいらないから廃棄するそうだ。ならば、ムダに使っているあなたの頭が第一にいらないんじゃないですか?

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home