社会人MBA-技術者編

November 23, 2006

統合と学習

企業のダイナミックケイパビリティの中で最も重要なものは、効率的な統合と学習を実現するプロセスである。この継続的な学習は複雑に変化する環境において活動する企業の生存と成功のための中心課題である。

さて、主要なケイパビリティとは、3Pと呼ばれ(勝手に呼んでいるが・・・)
Position:世界のどの国、市場のどこに位置するか
Path:これまでにどのような経路をたどってきたか
Process:専門的な部門間を統合するやりかた&継続的に学習するやり方

である。

継続的な学習能力、という観点から、その能力を有する組織を構築することは極めて重要である。その中で、企業研究所は中央なのか部門なのかは:
○外部の研究開発による脅威と機会のスキャン
○画期的な新技術の商品化
○主要な製品およびプロセスの開発
の目的により異なってくる。単純な法則というものはない。ということは、企業により最適解を選択することになる。その中で重要な4つの要因は:
○企業の主要な技術軌道
○技術の成熟度
○企業の戦略スタイル
○新しい科学依拠型とのリンク
である。

・・・最適解は企業毎に異なるものである。変わっていくものである。その変化を感じるアンテナ作りがここでいう組織作りである。

<参考>
イノベーションの経営学―技術・市場・組織の統合的マネジメントpp167-175

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home