社会人MBA-技術者編

September 18, 2006

イノベーションの分類と組織

イノベーションの経営学―技術・市場・組織の統合的マネジメント
Managing Innovation: Integrating Technological, Market And Organization Change

イノベーションの言葉の定義は 、本質的には“変化”そのもの、この書籍の焦点は“技術的な変化”に当てられている。
社会人で学んでいても感じるのだが、ごくまれに、(この書籍はそんなことはないが)著しく翻訳の読みにくい書籍がある。やはり、自分の研究でよく使用する書籍だと感じると、原著は欠かせない。
イノベーションを一つのフレームとして考えると:
何が変化するのか? プロダクト、プロセス、サービス
変化の程度は? 漸進的、画期的、全面的
の2軸は概略と捕らえるものとしては分かりやすい。

さて、ここで考えなくてはならないことは、イノベーションにより何かが変化したことにより、組織的にも変化が起こるということである。


J.M.アッターバック(イノベーション・ダイナミクス―事例から学ぶ技術戦略)は、製品、工程イノベーションの発生率の変化により、「組織的な要求も同じようなパターンに従って変化する(p109-110)」としている。組織のコントロールとしては:
流動期:非公式、起業家的
移行期:プロジェクトや仕事のグループ
固定期:構造、ルール、目的
が重要な特性になってくる(p120)。

・・・組織が機能しなければ、ダイヤモンドも灰となる。

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home